HDDのフォーマット

HDDやUSBメモリなどの外部機器をフォーマットする方法です。 以下の操作は危険を伴う作業で、 かつすべての動作と結果を確認しているわけではないので、 いかなる結果に対しても自己責任でお願いします。

コマンドラインでのフォーマット

対象とする機器が /dev/sdb として認識されているとします。 対象機器のデバイス名は決して間違ってはいけません。
  1. fdisk -l で状況を確かめます。
    % sudo fdisk -l

  2. パーティションを削除します(ここでは、/dev/sdb1とします)。
    % sudo fdisk /dev/sdb
    .....
    コマンド (mでヘルプ): d (削除コマンド)
    選択した領域 1 (/dev/sdb1を削除指定)

    コマンド (m でヘルプ): w (書き込み)

  3. 新たにパーティションを作成します。
    % sudo fdisk /dev/sdb
    ...
    コマンド (mでヘルプ): n (作成コマンド)
    コマンドアクション
    e 拡張
    p 基本パーティション (1-4)
    p
    パーティション番号 (1-4): 1
    ....... コマンド (m でヘルプ): w (書き込み)

    ここでは、基本パーティションを選んで、 パーティション番号1(つまり/dev/sdb1)を作りました。 パーティション番号を選んでからシリンダの範囲を選ぶプロセスがありますが、 HDDすべてを一つのパーティションにするならデフォルトのままで リターンを押せばOKです。

  4. フォーマットする。
    mkfs.ext2, mkfs.ext3, mkfs.ext4, mkfs.msdos, mkfs.ntfs, mkfs.vfat などがあるので、好きなファイルシステムでフォーマットします。 例えば ntfs なら
    sudo mkfs.ntfs /dev/sdb1
    とても時間がかかります。

ディスクユーティリティー

palimpsest で、ディスクの管理やフォーマットができます。 フォーマットの手順は以下の通りです。
  1. HDD が USB であれば差しておく
  2. コマンドラインで
    palimpsest
    と打って、起動する
  3. 左の列から、対象となる HDD を選択する (ここで選択を間違ってはいけません!)
  4. 真ん中の下方にある「ボリュームをアンマウント」を押す
  5. その上の方にある「ドライブをフォーマット」を押して、適当なフォーマット方法を選ぶ
  6. その下の方にある「ボリュームをフォーマット」を押す

[追記(2016/03/08)]
palimpsest は Ubuntu14.04LTS では Disks (コマンド名は gnome-disks)に 変更されました。こちらの使い方はまだ試していません。

参考サイト


Last modified: Tue Mar 8 13:15:41 JST 2016