Thesis

博士論文 / Ph.D Thesis

2019年度
山中祥五 Nonintegrability of Dynamical Systems near Equilibria and Heteroclinic Orbits
KURENAI repository
2013年度(11月修了)
佐藤寛之 Riemannian optimization algorithms and their applications to numerical linear algebra
KURENAI repository
2013年度(9月修了)
小川駿 Study on non-equilibrium quasi-stationary states for Hamiltonian systems with long-range interaction
KURENAI repository
2011年度
多羅間大輔 Classical and Quantum Mechanics, and Complex Algebraic Geometry of Free Rigid Bodies
KURENAI repository
2008年度
薮義郎 Geometric study of classical and quantum systems with group actions
KURENAI repository
千葉逸人 Renormalization Group Method for Singular Perturbation Problems in Dynamical Systems
KURENAI repository
2004年度
山岡英孝 Studies on stratified reduction of quantum and of classical many-body systems
KURENAI repository
2002年度
広瀬亨 The reduction of quantum many-body systems with symmetry and the boundary behavior of wave functions at singular configurations
KURENAI repository

修士論文 / Master Thesis

2019年度
梶原唯加 Variational existence proof for several kinds of periodic orbits in the planar circular restricted three-body problem
2018年度
井上健 Periodic Perturbations of Codimension-Two Bifurcations with a Double Zero Eigenvalue in Two-Dimensional Dynamical Systems with Symmetry
山田淳二 Non-Integrability of the Planar Three-Body Problem with Inverse-Square Potential
2016年度
山中祥五 Nonintegrability of dynamical systems with heteroclinic orbits
2014年度
澤井大基 一般化ハミルトニアン平均場力学系における外力応答の臨界指数
2013年度
岩崎淳 Information flow and Lyapunov exponent on coupled map lattice
2012年度
荒川裕太 ハミルトン平均場モデルにおける緩和時間の粒子数依存性
森嶋豊幸 Nonlinear Stabilization of the Rotational Inverted Pendulum using the Controlled Lagrangians Method
(制御ラグランジアン法による回転型倒立振子の非線形安定化制御)
森山慧 一方向回転性をもつ剛体の安定性解析
2011年度
熊谷充敏 The Method of Controlled Lagrangians with Symmetry and its Applications
(対称性を持った制御ラグランジアンの手法とその応用)
鈴木達哉 八面体群の対称性を持つ 球面上のエルミート行列ハミルトニアンとチャーン数
2010年度
小川駿 Phase Diagram and Tricritical Point for Quasi-stationary States in the Hamiltonian Mean-field Model
佐藤一宏 Configuration flatness of Lagrangian control systems with less controls than the degrees of freedom
佐藤寛之 A New Aspect of Optimization Algorithms on the Grassmann Manifold
(新しい観点からのグラスマン多様体上の最適化アルゴリズム)
松本昇吾 A Perturbed MIC-Kepler Problem and its Reduction to Isoenergetic Orbit Spaces
(摂動MIC-Kepler問題とその等エネルギー軌道空間への簡約化)
山脇拓也 モノポール場における荷電粒子の古典論的散乱問題
2009年度
磯部智宏 Bell-Clauser-Horne-Shimony-Holt不等式の拡張と隠れた変数モデルの存在問題
松井裕美 Stiefel多様体上の左不変計量に関する測地流と勾配アルゴリズム
松中宏樹 捻りを加えたKane-Scherモデルのポート・ハミルトン形式での制御
2008年度
多羅間大輔 Classical and quantum dynamics for an extended free rigid body
(拡張自由剛体の古典および量子力学)
中田悟 3自由度以上のハミルトン系における不変多様体を用いた遷移レ−トの計算
2007年度
柴田秀哉 Relative equilibria in dynamical systems on Lie groups
(Lie群上の力学系における相対的平衡状態)
妹尾雄介 Quantum and classical analyses of Hamiltonian constructed from Casimir operators of Lie algebras
(Lie代数のCasimir演算子によって構成されるハミルトニアンの量子・古典解析)
山本凉 勾配アルゴリズムの幾何学
2006年度
近谷英昭 変形体の幾何と力学
千葉逸人 C^1 APproximation of Vector Fields on the Renormalization Group Method and its Applications (繰り込み群によるベクトル場の C^1 近似とその応用)
早川雄介 ニューラルネットワークによる記憶と連想
林直樹 グローバーアルゴリズムによる最大エンタングメントの幾何
小野聡一郎 一般化リーマン楕円体のゲージ理論
2005年度
木村祐一郎 非ホロノミックな剛体系の力学
清水孝一 2キュビット系エンタングルメントの尺度の幾何学
溝部公威 ``Horizontal'' Grover's Search Algorithm
2004年度
井上武 Contact Process が生成するネットワーク相転移の解析
日野英逸 量子探索アルゴリズムの幾何学
薮義郎 Quantum mechanics on a punctured two-torus
2003年度
石渡康恵 順序付データの量子探索
大谷学 多重スピン量子系の可制御性
鳥居勇人 独立成分分析における非ホロノームアルゴリズム
2002年度
加藤功二 線形磁場中の摂動調和振動子と標準化逆問題
久本和彌 3体系のポアソン簡約化
松尾哲也 n 体重心系への SO(3) 作用における不変式
宮川貴博 Metrics and Connections on the Group, SE(3), of Euclidean Motions
(ユークリッド運動の群、SE(3) 上の計量と接続)
2001年度
太田史郎 2キュビットの特殊性
山岡英孝 3体量子系の特異配位での振舞い
2000年度
鈴木久司 2自由度の古典及び量子系の簡約化と SL(2,R) の作用について [TeX]
1999年度
朝比奈寛子 ハミルトン関数の標準形近似における逆問題への数式処理アプローチ
鵜飼潤 線形計画問題における内点法と Poisson 力学
1998年度
西村卓也 MICケプラー問題のポアンカレコンパクト化
1997年度
中野大介 2パラメータ摂動振動子系の半古典動力学
中村雅史 剛体系の幾何学的非ホロノーム制御
林潤一 非対称景気変動下の最適ポートフォリオ決定問題
1996年度
山口信弥 剛体系の幾何と制御
1995年度
大江隆夫 非ホロノーム力学系の微分幾何学
木村啓成 多重ケプラー系のトーラス量子化とそのエネルギー準位間隔分布
高橋元 ケプラー問題の無限遠平衡点の安定性について

学士論文 / Bachelor Thesis

2019年度
井口翔太 変分法による非等方ケプラー問題の周期解の存在証明
2018年度
岡田青空 時間遅れ蔵本系における非同期状態の安定性および同期状態との共存
原圭祐 KdV方程式に対するAKNS系の微分Galois理論の意味での可積分性について
三木滉大 大域結合スピンモデルを用いた地磁気反転
2017年度
伊原亮輔 複数のグラフに依存する結合振動子系の連続極限
梶原唯加 変分法による2中心問題におけるbrake軌道の存在証明
米田亮介 蔵本モデルにおける分岐予測 –非対称自然振動数分布への拡張–
2016年度
宋玥 有理写像を用いた最尤推定復号について
本永翔也 パラメトリック励振を受けるDuffing 方程式の非可積分性
山田淳二 測地流における周期解間のホモ/ヘテロクリニック軌道の横断性
2015年度
伊井海生 4基の回転翼を搭載した飛行体のダイナミクスについて
小住龍之介 平面回転子系における緩和時間の相互作用ネットワーク依存性
2014年度
伊藤慧吾 蔵本モデルにおける自然振動数分布の対称性と多峰性
広重祥 不規則摂動系における不変多様体の数値計算
山中祥五 ヘテロクリニック軌道の近傍における一般的な力学系の非可積分性
2011年度
岩崎淳 Fermi-Pasta-Ulam $\alpha$-modelにおけるモード間エネルギー輸送
大塚慧 曲面上の懸垂曲線
2010年度
荒川裕太 シュバルツシルト時空におけるテスト粒子の運動に対する陽的シンプレクティックインテグレータ
森嶋豊幸 有限時間カルノー的サイクルにおける熱効率の気体分子運動論的解析
森山慧 非示量的な系におけるカルノーサイクルの熱効率
2009年度
熊谷充敏 平面多体力学系の簡約化と相対的平衡
鈴木達哉 拡大ガリレイ群の作用する拡大力学系とその簡約化に関する古典・量子対応
2008年度
佐藤寛之 ハミルトン形式での繰り込み群方程式
松本昇吾 ランダウ-ドゥジャン自由エネルギ−を用いた液晶相転移の解析
山脇拓也 2自由度線形系の古典軌道と量子スペクトルの対応
佐藤一宏 ホロノ−ム拘束のあるポ−ト・ハミルトン形式での制御
2007年度
磯部智宏 平均場相互作用における強磁性体モデルの準定常状態
松中宏樹 エノン-ハイレス系の振動数比変化に依存するカオス軌道の頻度
渡邊仁 相対論的水素原子のエネルギー準位構造
2006年度
上田健詞 3原子分子の異性体間遷移の力学
衛涛 重力シートモデルにおけるLynden-Bell統計の有効性
中田悟 不安定多様体の近似的構成
2005年度
柴田秀哉 球面における多体系の重心とその運動
妹尾雄介 平面量子多体系の対称性と簡約化
張 艾玲 2次元鎖状分子の平衡構造
2004年度
近谷英昭 変形体の最適回転
早川雄介 決定論的フラクタルパターンにおけるフラクタル次元の普遍性
林直樹 量子計算におけるキュトリット
福岡深 多準位2粒子系における量子デンスコーディング
2003年度
小野聡一郎 Biot-Savart 作用素と Hodge 分解
溝部公威 1-qubit 系の最適制御
清水孝一 量子計算におけるフォンノイマンエントロピーとホップ不変量
2002年度
日野英逸 非正規型 Lie-Backlund 変換と微分方程式の対称性
薮義郎 特異磁場をもつ2次元トーラス上の量子力学
2001年度
石渡康恵 baker's map の量子化と量子コンピューターでの計算法
井上武 スモールワールドネットワークの生成条件
大谷学 プレート・ボール問題 −リー群上の非ホロノーム制御問題
中田圭治 繰り込み解の構成法とハミルトン方程式への応用
2000年度
沖永義弘 3次元グラフィックスの高速化と力学系への応用
久本和彌 完全WKB解の接続公式
松尾哲也 ジャンプ型株価モデルとオプション価格付けのシミュレーション
1999年度
勝谷純治 複雑系と細胞の分化過程
横山弘彰 風波生成の構成論的考察
1998年度
今堀慎治 線形計画問題における内点法と勾配流
増山博之 Log 複合ポアソン株価過程に対する Minimal Entropy Martingale Measures によるオプション価格付け
坂本友和 散逸系のアトラクター近傍における振舞いの三次元近似
林寺仁 Symplectic 数値積分法とその応用
1997年度
朝比奈寛子 捩れ弾性曲線の対称性と保存則
鵜飼潤 スピン自由度をもつ粒子の相空間とハミルトン方程式の構成
北川隆久 三項株価過程の離散時間マルコフ過程に対するカノニカルマルチンゲール測度

Last modified: Tue Mar 5 11:45:31 JST 2019